ギャンブルで勝った時の税金のルール

お金を持つ男性

ギャンブルで年間50万円以上勝った場合、税金を支払う必要がある

という事実をあなたは知っていますか?

 

実はパチンコやパチスロ・競馬や競艇などをはじめとするギャンブルでも、
ある一定額の利益を超えた場合には税金を払わないといけません。

 

とはいえ、
パチンコやパチスロ・競馬や競艇などといったギャンブルで勝った人達が
税金を払っているなんて話、聞いたことがないですよね?

 

本来なら納税のルールに従って税金を支払う必要があるのですが、
国内で行えるギャンブルのほとんどが、勝ったお金を個人が現金で受け取ることになるので、
利益がどれだけ出たという証拠がなく、税務署も対応ができていないのが現状だからです。

でもオンラインカジノの場合

クレジットカード

オンラインカジノではインターネットを使ったギャンブルになるので、

現金で直接取引することができません。

 

決済サービスや小切手でお金を受け取るため、
お金を受け取ったという証拠が残ってしまうのです。

 

つまり、一定以上の利益が出た場合には納税する必要があるのです。

オンラインカジノに特化した税金の知識と、納税するために必ず覚えておきたいこと

オンラインカジノで得た利益は「一時所得」という扱いになります。

 

なので、まずは一時所得の算出方法に基づいて一時所得の金額を算出した後の、
一時所得の2分の1が課税対象の金額になります。

 

【 総収入−収入を得るための支出−特別控除額(年間50万円)=一時所得 】

 

⇒【一時所得÷2=課税対象金額】

 

課税対象金額が、いわゆる一般的に収入と呼ばれるものになるので、
この金額に応じて、税金を支払わなければなりません。

 

 

ただ、一時所得には損益通算(控除)という概念が無いので、注意が必要です。

 

例えば、ある日100万円ほど勝ったとしても、後日100万円負けた場合、
所得として0円(プラマイゼロ)になるわけではなく利益100万円のままの計算

になってしまうからです。

 

なので、年間50万円以上勝った場合、
税金のことも意識しておくことをおすすめします。

この税金のことを知ると・・・

はっ!?何でオンラインカジノのプレイヤーだけ税金を払わないといけないんだ!

 

と馬鹿らしくなってしまうかもしれません。

 

それでもオンラインカジノは日本のギャンブル(パチンコやパチスロ、競艇、競馬etc...)と比べて
還元率が非常に高く、配当額も1億円を超える可能性も十分に有ります。

 

他のギャンブルでは絶対に得られないであろう大金を手に入れる可能性のあるギャンブルなので、
どちらが良いと思うかは人それぞれなのかもしれません。

カジノ