経営不振が続くパチンコ業界

パチンコ・スロット(パチスロ)

パチンコ業界のほとんどが経営不振に陥っていて、

それをお客さんに押し付けられていること、あなたはご存知ですか?

 

なぜ、パチンコ業界が不況になったのかというと、
警察によるパチンコ業界への圧力が強くなってきているからです。

 

元々、パチンコ店は警察の許認可の元に営業しているのですが、
ギャンブル依存症になってしまう人が多くなっていることから、
警察もパチンコ業界に対して黙っていられなくなったのかもしれません。

 

 

その証拠に、最近は「ギャンブル性の強い台」を設置することに厳重規制されているようです。

 

そんなこともあって、お客さんも減ってしまい、
メーカーとお店の売上が減少してしまっているようです。

 

 

お店の売上が減ってしまうと、利益も減っているのかと思いますよね?

 

ところがどっこい!!

 

実はパチンコ店側はパチンコ台、スロット台の設定を変更できるため、
「利益率を上げる」ことができるので、利益は変わっていないのです。

 

つまり、以前に比べてパチンコ店はお客さんに対して還元率が低くなっているんです。

 

以前はパチンコの還元率は90%と言われていますが、
現在では70%程度ほどの還元率になっています。

 

昔はパチンコで勝ちやすかったかもしれませんが、
現在では勝ちにくくなっているということを理解しておいてください。

 

もちろん、スロットに関しても同じです。

 

あなたがもしギャンブルで大勝ちしたいなら・・・

還元率97%のオンラインカジノをプレイすることをおすすめします。
もう、勝てないパチスロにはおさらばしましょう。
オンラインカジノ初心者のためのサイト【77777】