プレイ前に知っておきたいオンラインカジノの歴史

基礎知識

この記事では、日本人でもプレイヤーが徐々に増えてきているオンラインカジノの歴史についてご紹介していきたいと思います。

 

オンラインカジノの歴史についての全体像を知ると、よりオンラインカジノのプレイが楽しくなるかもしれませんよ。

オンラインカジノの歴史を知るって、思った以上に楽しかったです!

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの始まりと、世界初のオンラインカジノ運営ライセンス

オンラインカジノの始まりは1994年

イギリス連邦加盟国である「アンティグア・パーブーダ」という小さな国で、世界で初めてオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が可決されたことから始まったと言われています。

ちなみに、アンティグア・パーブーダで発行されるオンラインカジノ運営ライセンスの信頼性は2020年現在もなお高く、他の有名な運営ライセンス発行国(マルタ共和国、ジブラルタル、マン島など)と比べても遜色のないライセンス発行国と言われるほどです。

世界初のソフトウェア開発会社

オンラインカジノの運営に必要なソフトウェアを世界で初めて開発した会社がマイクロゲーミング社。

イギリス領マン等に拠点を置くソフトウェア会社になります。

オンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律ができる以前から目を付けていたらしく、法律ができた同年の1994年に設立されています。

ちなみに、マイクロゲーミング社は2020年現在も多くのオンラインカジノ会社にソフトウェアが導入され続けています。

世界初のオンライン決済セキュリティソフト

オンラインカジノを安全に運営する上で必要不可欠なものがオンライン決済セキュリティソフトですが、こちらはオンラインカジノの歴史が始まった1994年から約2年後の1996年に設立されたクリプトロジック社が開発したのだとか。

このクリプトロジック社がインターネット上の金銭のやり取りを安全に取引できるソフトウェアを開発したおかげで、オンラインカジノの運営がスタートできたと言われています。

世界初のオンラインカジノ

世界初のオンラインカジノはインターカジノだそうです。

オンライン決済ソフトを開発したクリプトロジック社の子会社に当たる「ウェイジャーロジック社」によって、1996年に公開されたのだとか。

ちなみにインターカジノは2020年現在も世界中で人気のオンラインカジノで、日本でもベラジョンカジノに比べると知名度は劣りますが人気のオンラインカジノです。

オンラインカジノ初期の頃の安全性について

オンラインカジノ初期の頃はとても安全とは言い難く、

  • 賞金の未払い
  • プレイヤーのアカウントを凍結
  • 夜逃げ
  • 不正操作

など様々な問題があったそうです。

こういった問題が起きていた一番の原因は、ライセンスを持たないオンラインカジノ運営会社(犯罪)が混在していたからだろうと言われていました。

こういった問題の多発により、不正の取り締まり強化ライセンス発行国の審査基準の引き上げが実施されることに。

これが功を奏して、現在では悪徳なオンラインカジノ運営会社はほぼ皆無になりました。

もちろん悪徳なオンラインカジノ運営会社がゼロになったわけではないので、どのオンラインカジノでプレイするかは非常に重要な選択になりますが・・・

当サイトでは安全にプレイできるオンラインカジノを厳選してご紹介しているので、参考にしてくださいね。

 

 

オンラインカジノの歴史まとめ

オンラインカジノの歴史を知ると、現在のオンラインカジノの現状に有難みを感じますね。

オンラインカジノの初期の様な、とてもプレイヤーに安全とは言えない様々な問題が現在も多発していたら・・・

きっと私も「オンラインカジノをプレイしましょう♪」だなんて、とても発信できなかったと思います。

オンラインカジノの歴史は26年とまだ浅く、これから発展が期待できそうですね!

タイトルとURLをコピーしました